公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

HOME活動報告>平成18年1月・2月

平成18年1月・2月

1月10日 ご挨拶

1月4日 千葉市中央区 街頭

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年は、突然の解散、総選挙にもかかわらず、多勢の皆様から真心からの御支援を賜り、四度目の当選を果たすことができました。心より感謝申しあげます。
 短い期間ではありましたが、法務大臣政務官にひきつづき、法務副大臣にも就かせて頂き、貴重な経験をすることができました。この経験を活かし、更に精進努力してまいりますので、本年も御指導、御支援の程、宜しくお願いいたします。
 1月20日に召集される第164回通常国会におきましては、環境委員会理事・青少年特別委員会理事・総務委員会委員に就く予定です。
 環境分野を担当するのは初めてですが、補正予算関連で、石綿(アスベスト)対策関連法案の審議が冒頭から予定されていますので、しっかり取り組んでまいります。党政調の環境部会長にも就任いたしましたので、環境分野全般にわたる御相談、御依頼等にも万全の対応をしてまいる決意です。
 青少年特は2000年に委員長として児童虐待防止法を提案・成立させ、2004年には同法の改正にも取り組んだ専門の分野でもありますので、子ども達の命を守る施策の実現に全力で取り組んでまいります。
 総務委員会は1999年地方行政委員会以来の久々の復帰です。竹中大臣は、一橋大学の先輩でもあり、小泉改革の総仕上げに向けて、与党の一員ではあっても、しっかり論戦を挑んでいきたいと思います。

1月16日〜18日 APPF総会出席 ジャカルタ(インドネシア)

 インドネシアで開催されました、第14回 APPF総会に出席してまいりました。
 会議等の内容はこちらを御覧ください。

1月24日 習志野市大久保商主会 国会見学

 富田の地元、習志野市 大久保商主会の皆様が国会見学に来られました。
見学後の食事会の席に、内閣官房長官 安倍晋三先生が、大変お忙しい中お見えになり、ご挨拶と、皆様と一緒に記念撮影をして下さいました。


1月27日 衆議院環境委員会

 衆議院環境委員会で質問に立ち、石綿による健康被害者の救済法案に明記された「予防に関する調査研究の推進」に関して、「治療の研究こそ重要」と強調しました。
 質問の内容を御覧になりたい方は、左の会議録検索を御覧下さい。

2月4日 成田新高速鉄道・北千葉道路着工式

 首都圏北部や都心から成田空港へのアクセス向上に貢献する成田新高速鉄道と北千葉道路の着工式に出席し、堂本暁子千葉県知事(中央)、江崎鉄磨国土交通副大臣(左から3人目)らとともに、くわ入れを行いました。

2月5日 千葉市議会議員 近藤ちず子後援会総会

 千葉市で行われました近藤ちず子市議の後援会総会に出席し、応援の挨拶をさせていただきました。

2月8日 発達障害者・児支援を考えるワーキングチーム 視察

 党の発達障害者・児支援を考えるワーキングチームは、東京都中野区の発達障害者などを対象とした民間教育機関「ステップアップアカデミー」を訪れ、授業風景を視察しました。同校大学部の学生約50人が参加した活気にあふれる授業風景を視察、文学作品などを大声で朗読する訓練や、視知覚機能のトレーニングなどを見て回りました。

2月10日 障害者自立支援法 適切な対応を求める要望書提

 党の社会保障制度調査会の障害者福祉委員会と厚生労働部会で厚生労働省に赤松正雄副大臣を訪ね、障害者自立支援法の4月施行にあたり、適切な対応を求める厚労相あての要望書を手渡しました。

要望書の内容はこちらを御覧下さい。

2月7・8・10日 障害者自立支援法 適切な対応を求める要望書提

2月7日
2月8日
2月10日
 党の耐震構造設計偽造問題対策本部と国土交通部会で、2月7日、8日、10日に、会合を開きました。各写真の日付をクリックしていただければ、内容が御覧になれます。(公明新聞より)

2月11日 全国学校ビオトープ・コンクール2005発表会 懇親会

 東京・渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた全国学校ビオトープ・コンクール2005発表会の懇親会に出席し、公明党環境部会長として挨拶をしました。挨拶要旨はこちらを御覧下さい。

2月14日 衆院青少年特委で参考人質疑

 衆院青少年問題特別委員会で子どもの安全対策について参考人質疑を行いました。東京・江戸川区の「すくすくスクール」に関し、経緯や目指すものなどについて多田正見区長に質問。多田参考人は「子どもたちが成長する過程で、多くの人たちとのかかわりをふんだんに持つことが大切」と強調されました。また、効果的な防犯対策として注目されるCAP(子どもが暴力から自分を守る)プログラムについて、「より多くの大人や子どもたちに受講してもらうために何が必要か」と質問。これに対し、エンパワメント・センター代表の森田ゆり参考人は、「学校の先生や親も学んだことを子どもたちに伝え、一緒に練習してほしい、また、子どもは独りになる時間も必要。子どもの視点に立って防犯を考えるべき」などと、述べられました。発言内容は左の会議録検索を御覧下さい。

2月15日 今後の石綿対策で意見交換

 与党アスベスト対策プロジェクトチームで会合を開き、救済新法成立後の課題について意見交換を行いました。愛知県がんセンター愛知病院の有吉寛名誉院長、中皮腫・じん肺・アスベストセンターの名取雄司所長から石綿疾患の現状について話を伺いました。

2月22日 浦安支部党員会

 浦安支部の党員会に出席し、皆様にお話をさせていただきました。
YouTube 富田茂之チャンネル
YouTube 公明党チャンネル
YAHOO!JAPAN 公明党チャンネル
公明党
公明党青年委員会
公明党女性委員会