公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

HOME活動報告>平成21年11月・12月

平成21年11月・12月

11月4日 予算委員会質疑

   鳩山首相ら全閣僚が出席して衆議院予算委員会が開かれ、富田が質疑に立ち以下の点について政府の見解をただしました。

  1.平成21年度補正予算の執行停止について (未承認薬等の開発支援について)
  2.政治と金の問題について
  3.政治資金規正法改正について
  4.鳩山内閣の政治姿勢について

 1の未承認薬等の開発支援について、患者の病気によっては保険が使えない適応外薬の開発支援653億円が補正見直しの対象となって削減され、来年度も予算を付けない方針になっていることを「開発を待つ患者たちを鳩山政権は切り捨てるのか」と厳しく批判。首相に補正予算を検討しているなら、必要な額を「総理枠」として入れてはどうかと主張。首相も適応外薬の開発支援について「精一杯努力すると約束する」と述べました。
 詳しい質疑の内容は、衆議院TV(ビデオライブラリーの11月4日を指定)をご覧下さい。

11月11日 スマトラ沖地震 被災者支援募金 寄託

 先月11日にJR松戸駅で行いました「スマトラ沖地震等による被災者支援募金」総額1,729,560円を、日本赤十字社 千葉県支部(写真右、山口総務課長)に寄託しました。

11月13日 全日教連から要望

 党の文部科学部会長として、全日本教職員連盟(全日教連)の久保井規文委員長らから、文教予算と教育制度に関して以下の要望を受けました。
@教職員数の増加
A学習指導要領の確実な実施
B教員免許更新制度の有効な改善

11月14・15日 離島振興で要望を聞く (島根県隠岐諸島 海士町)

 島根県隠岐諸島の海士町で開催された出前政調に出席し、党員・支持者の方々と活発に意見を交わしました。出前政調とは、党の政務調査会の国会議員が全都道府県に足を運び、地方議員や党員・支持者らと懇談して、現場からの“政策立案”に取り組む地域政策懇談会の事。海士町の出席者から「高齢者が納得し安心できる政策を」「民主党幹部の献金問題を追求すべき」などの意見が寄せられ、富田は「国民のためになる法律を積極的に作っていきたい。教育・福祉・平和の党の構築、清潔政治の実現に全力を尽くす」と決意を述べました。

11月18日 文部科学委員会 質疑

 衆議院文部科学委員会で、民主党が主導する事業仕分けで「廃止」の結論が出た子どもの読書活動推進事業について、川端文科相に政府の見解をただしました。
07年度に小学生が図書館から借りた本が1人当り過去最多となった点について「子ども読書運動の成果だ」とし、 事業仕分けについて、「成果が出ていても関係なく「地方がやれば良い・文科省がやる必要はない」と議論するのは乱暴すぎると指摘しました。

11月20日 児童ポルノ改正案を提出

 国会内で衆院の鬼塚誠事務総長に対し、児童買春・ポルノ禁止法の改正案を、自民党とともに提出。同改正案については08年6月、当時与党だった自・公両党が提出。民主党も独自案を提出し、改正案の一本化をめざして修正協議が行われ、単純所持の禁止については大筋で合意していたが、7月の衆院解散で廃案となっていました。提出後、富田は記者団に、「(今年6月の)法務委員会での議論からも、関係者が早期成立を望んでいるのは明らかだ。民主党や社民党にも協力してもらいたい」と述べました。

11月20日 PTA共済法案提出

 自民、公明両党は、無認可共済を禁じた改正保険業法により、事業継続が難しくなっているPTA共済などを国や都道府県が監督・認可する「制度共済」として存続させる「PTA・青少年教育団体共済法案」を国会に提出しました。

12月3日 科学技術委員会

 党の科学技術委員会で、科学技術関連予算の事業仕分けについて、ノーベル化学賞受賞者の野依良治・理化学研究所理事長らと意見交換を行いました。
 野依氏は、事業仕分けで予算凍結の評価を受けた次世代スーパーコンピューターの開発事業は「凍結したら、瞬く間に各国に追い抜かれ、その影響は計り知れない」と強調。富田は「財務省が仕分け人に渡したマニュアルを見ると、次世代スパコンの開発は、廃止に向けて議論しろというランク付けがある。こういう結論ありきの手法は問題」等、意見を述べさせていただきました。

12月4日 公明新聞 「部会長(文部科学)に聞く」

 12月4日、公明新聞「部会長に聞く」で、義務教育を完全無償化等、文部科学部会長として意見を述べさせていただきました。内容はこちらをご覧下さい。

12月6日 旭市議選 応援演説

 定数4減の旭市議選がスタートし、 現職の伊藤ふさよ候補の応援にかけつけ、議席の死守へ絶大な支持を訴えかけました。

12月15日 陸上自衛隊少年工科学校 視察

 党の文部科学部会と外交・安全保障部会は、横須賀市の陸上自衛隊少年工科学校を訪れ、授業や構内施設などの視察を行いました。同校は、中学校を卒業した人が自衛官として入校し、一般の高校で学ぶ科目の他、自衛官としての基本的な訓練などを習得する学校。視察後、富田は「生徒が持つ高い目的意識と強い使命感で学ぶ姿勢は、教育のあり方として参考になる」と感想を述べました。

12月20日 和歌山県田辺市 出前政調

 
 19〜20日出前政調の一環で和歌山県田辺市を訪れ、ユネスコの世界遺産・熊野古道と関連施設を視察しました。視察後、富田は「地域活性化の起爆剤として地元の資源が生かされている。こうした取り組みを党としてバックアップしていきたい」と述べ、また観光振興につながる道路網整備の必要性を強調しました。

12月22日 富田しげゆき国政報告会 

千葉県税理士会会長
横畑靖明先生
 
税理士による
富田茂之後援会
会長 白戸利行先生

 税理士による富田茂之後援会・TKC富田しげゆき後援会の先生方にお集まり頂き、国政報告会を開催していただきました。暮れのお忙しい中、ご出席していただいた先生方に心より感謝を申し上げます。
YouTube 富田茂之チャンネル
YouTube 公明党チャンネル
YAHOO!JAPAN 公明党チャンネル
公明党
公明党青年委員会
公明党女性委員会