公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

HOME活動報告>平成23年11月・12月

平成23年11月・12月

11月1日 全国公団住宅自治会協議会 国会要請集会

 全国公団住宅自治会協議会が開催した「UR賃貸住宅を安心して住み続けられる公共住宅として守り抜くことを求める国会要請集会」に参加し、ごあいさつをさせていただきました。

11月9日 全国漁業協同組合連合会 請願要請行動

全国漁業協同組合連合会・服部郁弘会長(右)から要請を受ける
 全国漁業協同組合連合会が「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の恒久化等を求める総決起集会」を開催しました。
 軽油など漁業用燃油の免税措置が今年度で打ち切られることから、同措置の恒久化などを求める決議が行われ、その後デモ行進及び要請行動を行い、衆参両院の議員面会所前で請願を受けました。

11月23日 八千代支部 支部会

 八千代支部 支部会に出席し、4月に行われた統一地方選挙で横山ひであき県議会議員の勝利の御礼の後、学校耐震化、年金、選挙制度などのお話をさせていただきました。

11月29日 国土交通委員会 質疑

前田武志 国土交通大臣

関 水管理・国土保全局長 川本 住宅局長 長田 航空局長

国土交通委員会で以下の内容について質疑を行いました。
1 津波浸水想定について
@ 平成16年3月、内閣府、農林水産省、国土交通省作成の「津波・高潮ハザードマップマニュアル」は、本法案による「津波浸水想定」の設定の際、どのように考慮されるべきか。
A 同マニュアル中の「津波・高潮ハザードマップの整備主体と役割分担」と本法案における都道府県知事の役割との整合性如何。
B 同マニュアルでは、浸水予測区域の外側に、バッファゾーン(予測上は浸水しないが、予測のの不確実性を考慮すると、浸水の恐れがある区域)を設け、浸水予測区域とバッファゾーンと合わせて、要避難区域として示す工夫が必要との指摘があったが、「津波浸水想定」の設定に際しては、バッファゾーンをどのように考慮すべきか。
C 「津波浸水想定」の公表にあたり、周知の重要性、周知方法、住民理解の促進方策等について、どのように考えるか。
津波避難ビルの容積率規制の緩和
@ 規制緩和の目的如何
A 平成17年6月、内閣府・津波避難ビル等に係るガイドライン検討会策定のガイドラインの巻末資料アンケート調査結果について
津波避難ビルの指定状況をどうみるか
津波避難ビルを指定していない理由をどう考えるか
B 津波避難ビル等候補の選定に伴うカバーエリアの設定の留意点は?
羽田空港再拡張に伴う騒音問題の解決策について
  11月16日開催の第15回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会について

 質疑の内容はこちらをご覧ください。

11月30日 千葉総支部 中央支部会

酒井伸二 市議会議員  
 千葉市議会議員・酒井伸二さん主催の支部会に出席させていただきました。
 羽田空港に係る千葉市騒音問題について、酒井議員が千葉市議会で一番始めに質問をし、その声を受けて、私も衆議院国土交通委員会において質問をさせていただいた結果、平成24年2月9日から、可能な限り市街地上空を回避する経路の運用が開始されることになったことをご報告させていただきました。

12月1日 松戸総支部大会

 松戸総支部大会に出席させていただきました。
 多年にわたり党員として活躍していただいている皆様へ、感謝状をお渡しさせていただきました。最長で、党員歴47年という方がおられました。
 日頃から党を支えて下さっている皆様に、改めて感謝の思いを強くしました。

12月3日 内房総支部 合同支部会

 内房総支部の合同支部会に出席させていただきました。
 ここでも党員の皆様への永年表彰を行い、代表として党員歴40年の3名の方へ感謝状をお渡しさせていただきました。
 最後には、来る政治決戦の大勝利を期し、皆様とともにシュプレヒコールを行いました。

12月5日 文部科学部会 日私教から要請


 文部科学部会に出席し、日本私立学校教職員組合(日私教)の柳川幸辰・中央執行委員長らから私学助成に関する要請を受けました。
 厳しい経済情勢の中、私立高校に通う世帯の教育費負担の重さを強調し、私学高校の就学支援金制度について「所得制限をなくす方向で改善すべき」と訴えた他、
 @私立高等学校等経常費助成等補助金の充実
 A公私間格差是正のための教職員確保や少人数授業編成推進への補助
 B保護者の家計急変の伴う授業料減免事業の継続
 C私立学校耐震化の推進

 などの要請も受けました。

12月7日 全国公団住宅自治会協議会 集会

 都内で行われた、全国公団住宅自治会協議会の集会に出席し、ご挨拶をさせて頂きました。
 挨拶の中で、政府の行政刷新会議が公団住宅の民営化方針を示していることは、昨年12月に閣議決定した「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」の中で、賃貸住宅事業については「居住者の居住の安定に配慮」すると記されていることを、完全に踏み外していると言及し、「76万戸の居住の安定をしっかり守る」と訴えました。

12月15日 環境展示会 「エコプロダクツ2011」視察

 山口代表、加藤修一環境部会長らとともに、東京ビッグサイトで開催されている(12月17日迄)日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」の視察に参加してまいりました。
 環境展示会には752の企業・団体が出展。一行は、被災地の環境関連企業の展示をはじめ、空調の省エネ技術、商品の資源循環の取り組み、LED電球による節電技術、容器・包装3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みなどを紹介するブースで、担当の方から様々な説明を受けました。

12月17日 福島市 地熱エネルギーに関するシンポジウム出席

超党派地熱議連共同代表の二階俊博先生の御挨拶
  福島市で「地熱エネルギーに関するシンポジウムin福島」が開催され、超党派地熱議連の一員として、参加させていただきました。
 地熱発電は地中深くから天然の蒸気を汲みだし、その蒸気の力でタービンを回して電気を作ります。枯渇しないクリーンな地熱資源の有効活用が日本の未来を支えるエネルギーとして注目されていて、東北地域の地熱開発有望地区のうち、特に魅力的な地熱ポテンシャルを有する福島市でシンポジウムが開催されました。このシンポジウムをきっかけとし、息長く地熱開発の進行を支援すること、早急に福島でプロジェクトの具体化を図ることなどが宣言がされました。

12月18日 銚子支部 支部大会

 銚子支部大会に出席させていただきました。
 国政報告の中で、社会保障と税の一体改革に触れ、公明党の主導で04年に改革した年金制度は破たんしておらず、将来も崩壊しないと力説。東日本大震災の復興に関して、公明党は今年度第3次補正予算と復興関連法の成立をリードしたが、民主党政権の対応が遅く、復興が遅れていることを批判しました。

12月21日 市川総支部 党員会

 市川総支部党員会に出席し、国政報告をさせていただきました。
YouTube 富田茂之チャンネル
YouTube 公明党チャンネル
YAHOO!JAPAN 公明党チャンネル
公明党
公明党青年委員会
公明党女性委員会