公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

平成28年3月・4月

3月2日  公明党経済産業部会 福島第一原子力発電所 視察

 
     
   
  
 公明党経済産業部会の高木美智代・中野洋昌衆議院議員と、今年で事故から5年目を迎える福島第一原子力発電所を訪れ、汚染水対策の進捗状況や、廃炉に向けた作業員の労働環境などの調査を行いました。

 視察の行程   視察ルート・配置図

 初めに、昨年5月に運用が始まった大型休憩所を見学しました。その後、防護服に着替えて、原子炉1号機から4号機で廃炉行程の現況を確認。それから、周囲の地下汚染水の流出を防ぐための海側遮水壁や、凍土方式による陸側遮水壁、建屋周辺の井戸から組み上げた地下水を浄化するサブドレン浄化設備などの視察を行いました。終了後、免震重要棟にある24時間体制で原子炉の監視を行う緊急時対策本部を訪れ、職員の方々に「長期戦に臨む皆様を国としてバックアップできるよう公明党も全力をつくします」と激励のご挨拶を述べさせていただきました。

 視察記録↓ 

 東京電力福島第一原子力発電所視察

 20146月の経済産業委員長としての視察以来の視察。
 ・前回は敷地内の移動は防護マスクで顔面を完全に覆い、フル装備であったが、反面マスクの装着で済んだ。 除染が進んでいることを実感。 

・大型休憩所に設けられた食堂で380円のランチを頂く。

  →大型休憩所の風景(エネルギーフォーラム2016.3 記事)

 前回視察の際は、社員の皆さんがテーブルもないような場所で冷たい弁当を食べられていたのとは雲泥の差。

 ・地下水バイパス・サブドレンが機能して、建屋内への地下水流入が半減している状況をつぶさに視察させていただいた。

 ・凍土遮水壁の工事も完了し、原子力規制委員会の承認がおりたので、早ければ3月中にも海側からの「部分凍結」が始まる見通し。

 ・1~2号機から約200メートルの高台から、1~4号機の状況を視察。
 前回はこの位置まで近づけなかった。 関係者の努力の賜物。

  →汚染水対策の主な取り組み(2016.3.10 毎日新聞22面記事)

 

3月4日 TKC 3月号 掲載記事 

 
 
  TKC 3月号に、1月15日 都内で開催された平成28年 TKC全国会新春賀詞交歓会での挨拶を、掲載していただきました。
  
  TKC 3月号 掲載記事
  

3月6日 自民党 三沢さとし県議会議員 県政報告会 

   
   
  館山市内で開催された 自民党・三沢さとし県議会議員の県政報告会に出席し、ご挨拶をさせていただきました。

3月7日 ドイツ連邦議会予算委員会一行 衆議院経済産業委員会 訪問 

   
   
     
  
 エーヴァルト・シューラー団長をはじめとするドイツ連邦議会予算委員会一行8名が、経済産業委員長室を来訪し、高木美智代委員長、委員会メンバーと、デジタル化への日本経済としての対応、デジタル化時代における労働をはじめとする社会の変化等について意見交換を行いました。
 

3月9日 衆議院経済産業委員会 質疑 

   
林幹雄 経産相  
 
 衆議院経済産業委員会で、大臣所信に対する質疑が行われ、富田も質疑にたち、林幹雄経産相に「再生可能エネルギー等関係閣僚会議」の第3回会合についての報告を求め、また、2日に公明党経産部会が視察を行った東京電力福島第1原子力発電所の汚染水対策等について質問をしました。

 質疑の内容はこちらをご覧ください。

  委員会資料

3月11日 東日本大震災五周年 千葉県・旭市合同追悼式 

 
 旭市の「いいおかユートピアセンター潮騒ホール」で行われた東日本大震災五周年 千葉県・旭市合同追悼式に参列。地震発生時刻の午後2時46分に犠牲となられたすべての方々に哀悼の意を表し、全員で黙とうを捧げ、その後、献花を行わせていただきました。
 

3月12日 東アジア・アセアン経済研究センター 特別理事会レセプション 

   
林幹雄 経産相 二階俊博・自民党総務会長  
 
 都内で開催された「東アジア・アセアン経済研究センター 特別理事会レセプション」に参加をさせていただきました。
     

3月16日 憲政記念館の巣箱架け

   
 
     
 
 毎年恒例の超党派の鳥類保護議員懇話会による「憲政記念館の巣箱架け」が今年も行われ、巣箱を組み立てた小学校の生徒さん達と一緒に、憲政記念館の前庭の木に巣箱を架けました。

 →昨年の巣箱架けの様子

3月24日 キッコーマンアリーナ 竣工式典・祝賀会  

   
 
  流山市の新しい総合体育館「キッコーマンアリーナ」が完成し、来月1日のオープンを前に開催された竣工式に出席、ご祝辞を述べさせていただきました。アリーナは約2千人を収容するメインアリーナの他、サブアリーナや武道館等が整備された3階建ての施設で、その他に、大規模災害時の市内最大の避難所として、備蓄倉庫や、自家発電設備、貯水タンクなどが備えられています。
     

3月26日 谷津みのり保育園 竣工披露  

   
 
  習志野市津田沼の公立保育所が私立化・移転することになり、その建設が市内谷津で進められてきましたが、今月3月中旬に完成し、4月から社会福祉法人習志野「谷津みのり保育園」として開園することになりました。
 園内で行われた竣工披露に出席し、お祝いの言葉を述べさせていただきました。
     

3月27日 かなまる謙一後援会 総会  

   
 
  かなまる謙一・館山市長後援会の総会が館山商工会館で行われ、出席し激励のご挨拶をさせていただきました。

3月29日 高レベル放射性廃棄物等に関する議員連盟 第7回勉強会 

   
ヤーコブ・スパンゲンベリ エストハンマル市長 サイーダ・エングステレム SKB副社長(中央)
  
 2009年に最終処分場建設予定候補地として選定されたスウェーデンのエストハンマル市のヤーコブ・スパンゲンベリ市長が来日。勉強会で講師としてお招きし、スウェーデンの実例を地元自治体の立場からお話ししていただきました。

3月30日 習志野高校グラウンド人工芝生化新設工事 完成記念セレモニー 

   
  
 平成27年11月から行われていた習志野高校グラウンドの人工芝生化新設工事が3月末に完成し、その完成記念セレモニーに公明党習志野市議団と出席をさせていただきました。
 この人工芝生化工事は日本スポーツ振興センターのスポーツ振興くじ(toto) 平成27年度地域スポーツ施設整備事業助成として4800万円が決定していて、習志野高校関係者の方々から「富田議員のご尽力で日本スポーツ振興センターから助成をいただくことが出来ました。」と、感謝の言葉をいただきました。
     

4月1日 衆議院経済産業委員会 質疑

   
  
 衆議院経済産業委員会で質疑にたち、海外展開を図る中小企業に対してさまざまな機関が結集して支援する「新輸出大国コンソーシアム」の活用に向け、今後、具体的にどのような支援をしていくのか林経産相に質問をし、また、コンソーシアム有効活用のため福島第1原発事故の影響で東アジア諸国にある輸入規制撤廃を求めていくことを訴えました。
 
 質疑の内容はこちらをご覧ください。

 配布資料  千葉日報記事

4月2日 鷺沼さくらまつり

   
  
 習志野市鷺沼連合町会と習志野市立養護老人ホーム白鷺園の共催で毎年行われてる「鷺沼さくらまつり」に参加をさせていただきました。
 あいにくの花冷えの一日でしたが、満開のソメイヨシノの下、たくさんの人々が、様々な催し物を楽しまれていました。
 

4月2日 旧鴇田家住宅復興セレモニー

   
     
クリックするとご覧いただけます
  
 実籾本郷公園内にある千葉県指定有形文化財 旧鴇田家住宅は2011年の東日本大震災で被災し、休館していましたが、復旧工事が完了し、4月3日から一般公開されることになりました。
5年ぶりの再オープンにあたり旧鴇田家前庭で開催された復興セレモニーに参加し、ご挨拶とテープカット、また復興された住宅の見学をさせていただきました。
 

4月3日 陸上自衛隊第一空挺団 創立記念行事

   
  
 陸上自衛隊第一空挺団 習志野駐屯地さくら祭り、創立記念行事が開催され、出席し、ご挨拶と鏡割りに
参加をさせていただきました。
 

4月4日 党教育改革推進本部 安倍首相に給付型奨学金を提言

  
 富田が本部長をつとめる公明党教育改革推進本部は、首相官邸で、返済不要の給付型奨学金の創設などを求める政策提言を安倍晋三首相に手渡しました。

 提言の内容はこちらをご覧ください。
 
安倍首相から、給付型奨学金について、基金の活用なども含めて検討を進める考えが示されました。
 

4月7日 グライダー事故再発防止策の実施を要望 石井国交相 

   
   
  角田秀穂・衆議院議員、染谷茂樹・栄町市議、早川久美子・東総総支部副女性部長らと国土交通省を訪れ、石井国交相に、3月17日に千葉県栄町の住宅街で発生したグライダー墜落事故の再発防止策の実施を求める要望を行いました。
 石井国交相から、事故原因の究明と、再発防止のためにグライダー運営事業者に指導・監督をしっかり行うとの回答がありました。 

4月7日 給付型奨学金推進プロジェクトチーム 初会合

  
 富田が座長をつとめる公明党給付型奨学金推進プロジェクトチームが初会合を開き、給付型奨学金制度の創設に向けて文部科学省の担当者と意見交換を行いました。
 富田は、「公明党が与党入りした1999年から、奨学金の貸与枠を拡大し、家計の急変に対応する緊急枠も創設した。また、最近では無利子を増やす流れをつくった。今後も給付型の道を開くための議論を進めていきたい」と発言。 文科省からは、現行の奨学金制度として、無利子、有利子、所得連動返還型などの説明があり、返還困難者への減額や、現在の猶予制度の利用状況の説明の上、給付型に関する財源などの論点が挙げられました。
 今後、プロジェクトチームで積極的に議論をして意見を取りまとめた後、政府に給付型奨学金制度のあり方の申し入れを行う方針です。
 

4月10日 富津市議選 第一声

   
   
  富津市議会議員選挙、ふじかわ正美候補の第一声にかけつけ、激励の挨拶を述べさせていただきました。

4月12日 第2回 給付型奨学金推進プロジェクトチーム会合 

   
 ↑小林雅之教授  
  
 公明党給付型奨学金推進プロジェクトチームは第2回会合を開き、東京大学・大学総合教育研究センターの小林雅之教授から、学生への経済的支援のあり方に関する講演を聴き、その後、質疑応答を行いました。
 小林教授は、返済不要の給付型奨学金について、給付型奨学金があれば4年生大学に進学した「潜在的進学者」が約2万人いると推計。制度創設の課題として、受給基準の明確化などを挙げました。
 富田の「児童養護施設で育った子どもなどを給付型の対象として、そこから突破口を開けないか」との発言に小林教授から「ターゲットが非常に明確。小さくても制度をつくることが大事」と、そこから対象をどう広げるかが重要との考えが示されました。

4月12日 もとえ太一郎氏をはげます会

  
 南房総市の南総文化ホールで開催された、自民党参議院選挙公認候補予定者 もとえ太一郎氏のはげます会に出席し、公明党からの推薦状を手渡しさせていただきました。

4月13日 第3回、第4回 給付型奨学金推進プロジェクトチーム会合

  
 日本学生支援機構、財務省の担当者らと、給付型創設をめざし、意見交換を行いました。
 日本学生支援機構とは、奨学金の返還免除制度活用を促す議論が行われ、また、財務省からは、無利子奨学金枠がこの10年で約15万人増加している事や、返還が困難な人へ行っている猶予制度の説明等がありました。
 富田は、2015年度補正予算で、児童養護施設を退所し、進学した子どもたちへ資金貸付を行い、5年間の就業で返還を免除する制度が実現したことを紹介し、今後、給付型奨学金の創設につなげていきたいと発言しました。

4月18日 鎌ヶ谷市 元山5号踏切 現地視察 

   
     
     
  国交省が今月12日、危険な踏切や「あかずの踏切」など渋滞の原因となる全国58カ所の踏切を、改正踏切道改良促進法に基づく改良すべき踏切として大臣指定したと発表しました。
 1日あたりの自動車交通量が7000台~8000台とされる鎌ヶ谷市の「元山5号踏切」もその指定をうけ、藤井県議、地元市議団と視察を行い、清水聖士・鎌ヶ谷市長に早急な安全対策を求める要望を行いました。
 
 要望書はこちらをご覧ください。

4月18日 第5回 給付型奨学金推進プロジェクトチーム 会合

  
 給付型奨学金推進プロジェクトチームは第5回会合を開き、給付型奨学金の対象者や必要な財源など、政府に提言するための議論を行いました。
 その他、無利子枠拡大や来年4月から導入される所得連動返還型の制度設計についても話し合いをしました。

4月22日 安倍首相に給付型奨学金の創設を提言

 
 
  
 公明党給付型奨学金推進プロジェクトチームは首相官邸を訪れ、安倍首相に給付型奨学金の創設に向けた提言と、熊本地震で被災した学生への緊急経済支援の要請を行いました。
 提言の中で、経済的事情で進学を断念する不公平を解消し、必要とするすべての子どもたちが大学等に進学するチャンスを保障する社会を実現するため、返済不要の給付型奨学金を導入すべきと主張。
 また、現在は大学院生のみが対象の「返還免除制度」を、児童養護施設などの出身者、生活保護受給世帯、ひとり親世帯などの学部生に拡大することを提案。併せて、来年4月に導入する卒業後の所得に応じて返還額が変わる「所得連動返還型」の既卒者への適用を求めました。
 さらに、熊本地震の被災学生への緊急経済支援として、日本学生支援機構が被災学生などを対象に行っている①緊急・応急採用②返還の減額や猶予③住宅被害に対する返還不要の支援金を活用し、経済的支援を万全にすることを求めました。
 富田は、児童養護施設出身者などは、極端に進学率が低く、経済的理由での進学断念者も多いことを挙げ、まずは、そこから給付型の風穴を開けてほしいと求めました。
 安倍首相は、返還免除制度の拡充などの提言に対して理解を示し、「財務省で奨学金の研究を行ってもらっている」との回答がありました。

4月23日 山梨県本部 政経懇談会

  
公明党山梨県本部が開催した政経懇談会に出席し、中小・小規模事業所政策について説明をしました。富田は「自公連立政権になってから公明党の主張を踏まえ、中小企業対策が着実に充実してきた」と強調。諸施策の概要を具体的に解説。 また、来春に予定される軽減税率導入に備え、受発注システム改修や複数税率対応レジ導入の際の支援策などを紹介するとともに、適切な準備の流れや注意点についても説明。「公明党の粘り強い主張が実った施策をぜひ活用してほしい」と訴えました。
 

4月24日 熊本地震 街頭募金に協力

  
 「九州・熊本地震の被災者を支援する千葉県民の会」主催の募金活動がJR本八幡駅前で行われ、地元市議団メンバーと参加、皆様に被災地支援を呼びかけ、協力をさせていただきました。
 

4月26日 船橋市 桜井市議グループ国会見学

 
 
  
 船橋市 桜井信明市議会議員の党員の皆様に国会見学にお越しいただき、ご挨拶と国政報告をさせていただきました。

4月26日 一億総活躍推進本部 安倍首相に提言

  
 公明党一億総活躍推進本部は首相官邸を訪れ、安倍首相、加藤一億総活躍担当相に対し「ニッポン一億総活躍プラン」の策定に関する提言の申し入れを行いました。

(提言の主な内容)
600兆円への道筋    子育て・介護の支援
  ・下請け取引の条件改善      ・待機児童の解消促進 
  働き方(休み方)改革      ・子ども医療で新たな支援策を構築
  ・長時間労働の是正
・同一労働同一賃金の実現
・ブラック企業・バイト根絶
・育児・介護休業の取得促進
・定年延長に取り組む企業を支援 
   
・福祉人材のさらなる処遇改善
教育支援の強化・充実
・給付型奨学金の創設

  まち・ひと・しごと創生       
  ・地方の働き方改革を推進      

 

4月27日 衆議院経済産業委員会 参考人質疑

   
  松村敏弘・東大社会科学研究所教授  高橋洋・都留文化大学社会学科教授 
     
   
石川和男NPO法人社会保障経済研究所代表   八木誠・電気事業連合会 会長  平野敦彦・太陽光発電協会理事
  
 衆議院経済産業委員会で再生可能エネルギー特別措置法の一部を改正する法律案の審議で、参考人質疑が行われ、5名の参考人に対し質疑を行いました。 

 質疑の内容はこちらをご覧ください。

4月30日 外房総支部 街頭演説会

   
九十九里支部 東金支部   山武支部
  
 公明党千葉県本部 外房総支部主催のゴールデンウィーク街頭演説会に参加してまいりました。 
 

Tou Tube 富田茂之チャンネル
Tou Tube 公明党チャンネル
YAHOO!JAPAN 公明党チャンネル
公明党
公明党青年委員会
公明党女性委員会