公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

平成28年7月・8月

7月13日  林 幹雄 経済産業大臣 政経セミナー 懇親会 

   
 
  千葉市内のホテルで開催された 林幹雄・経済産業大臣の政経セミナー後の懇親会に出席し、公明党千葉県本部を代表して挨拶をさせていただきました。
 

7月14日  全日本トラック事業政治連盟 懇親会 

 
 
  全日本トラック事業政治連盟の夏季懇親会が都内で開催され、山口代表らと参加し、坂元克己会長らと懇談をさせていただきました。山口代表から坂本会長に、2017年度予算の概算要求に向けて、トラック政治連盟の皆様の声を反映できるようにしてきたいと伝えられました。

7月14日  第43回 TKC全国役員大会レセプション

   
   
  都内で開催された 第43回TKC全国役員大会・株式会社TKC創業50周年記念のレセプションに参加し、お祝いの言葉を述べさせていただきました。

7月28日  熊谷俊人・千葉市長 石井交相に申し入れ 

   
 
  熊谷俊人・千葉市長と国土交通省を訪れ、石井国交相に、「一般国道357号湾岸千葉地区改良(蘇我地区)の新規事業化について」申し入れを行いました。

 要望書    資料(図)

7月30日  全国夜間中学校研究会 2016研修交流会 

   
 
  松戸市内で開催された全国夜間中学校研究会・2016研修交流会に出席し、夜間中学の支援強化と設置の促進を訴えました。先の通常国会で継続審議となったフリースクールや夜間中学校などを支援する「教育機会確保法案」を秋の臨時国会で成立させたいと述べ、公明党が一貫して取り組んできた、義務教育を修了できなかった人々が通う夜間中学の支援強化を紹介。さらに、政府の教育再生実行会議の2014年7月の第5次提言に「夜間中学の設置を促進」という文言が初めて盛り込まれた事や、同年10月に公明党の浮島智子衆議院議員が国会質問で夜間中学の全都道府県設置を訴え、下村博文・文科相(当時)から前向きな答弁を引出し、予算の増額につながった事などを紹介しました。

8月2日  馳文科相 北前船寄港地の日本遺産登録を求める要望 

   
   馳文科相(右から2人目)石川最高顧問(右端)  
  
 北前船寄港地日本遺産登録推進協議会の石川好最高顧問らと文科省を訪れ、馳文科相に、北前船寄港地の日本遺産登録を求める陳情書を手渡しました。
 
 文化庁の「日本遺産登録」を目的とし、北前船寄港地として栄えた北海道から福井までの11の自治体が、今年6月に推進協議会を設立。コメなどの食料を運ぶだけではなく、上方文化を寄港地にもたらした北前船交易の歴史的意義を明確にし、来年にも文化庁へ登録の申請を行う予定で活動が進められています。
 
 北前船寄港地の日本遺産登録を求める陳情書

8月5日~13日  経済産業委員会 ヨーロッパ原発関連施設 視察 

   
     
     
     
     
   
  
 8月5日~13日 衆議院経済産業委員会で、ヨーロッパの原発関連施設の視察をしてまいりました。

 ドイツ北部のグライフスヴァルト原発6号機は、完成直前に廃炉が決まり、放射性物質に汚染されていないため、通常では決して見ることが出来ない原子炉内部を見学する事が出来ました。
  ドイツ・グライフスヴァルト原発視察報告   2016.06.05 日経新聞記事

 1986年の原発事故から30年を迎えたチェルノブイリ原発では、耐用年数100年の巨大な新シェルターの見学や、周辺の町の状況の視察を行いました。
 チェルノブイリ原発視察報告

 デンマークでは、ボーンホルム島、フュン島などで、スマートグリッド実験モデルハウス、バイオガス施設、陸上風力発電、藁による熱供給施設、日本とデンマークの洋上風力発電設備合併会社など、自然エネルギー関連施設の視察を行いました。
 デンマーク視察報告1   資料1~5

 デンマーク視察報告2

 
フランスでは、核燃料再処理工場、MOX燃料製造工場、国際熱核融合実験炉などを視察。核燃料再処理工場やMOX燃料製造工場は内部の写真撮影が禁止されている施設でしたが、使用済み核燃料から生じるプルトニウムの再利用や、MOX燃料の製造工程など、大変勉強になりました。
 フランス・ラ・アーグ核燃料再処理工場視察報告

 フランス・メロックスMOX燃料製造工場視察報告

 フランス・ITER(国際熱核融合実験炉)視察報告
 

8月15日  終戦記念日 街頭演説会 JR津田沼駅 

   
   
  71回目の終戦記念日を迎えた8月15日、JR津田沼駅前で行われた公明党千葉県本部 船橋総支部主催の終戦記念日街頭演説会に参加しました。今年3月に施行された平和安全法制の意義について、他国を防衛するためではなく、自国を確実に守り、戦争を起こさないために成立させたものと強調。憲法の恒久平和主義を堅持し平和を守っていくと訴えました。

8月23日  経済産業部会 2017年度予算概算要求 重点施策要望 

   
  世耕弘成 経産相  
  
 富田が部会長をつとめる公明党経済産業部会は経済産業省を訪れ、世耕弘成経産相に、2017年度予算概算要求に向けた重点施策として、中小企業等の生産性向上支援、エネルギー・環境分野の技術開発促進等の要望を行いました。主な要望の項目は以下のとおりです。

 1.東日本大震災・熊本地震からの復旧復興の加速化
 2.成長戦略の拡充・加速のための科学技術開発および人材育成支援等
 3.中小企業等の生産性向上および海外展開支援等
 4.エネルギー・環境分野の技術開発の促進および体制強化等
 

8月29日  公明党千葉県本部 夏季議員研修会 

   
   
  公明党千葉県本部は、千葉市内のホテルで、夏季議員研修会を開催しました。
 午前に、マナー講師の伴美彩さんが「思わずYESといいたくなる第一印象の作り方」について1時間の研修を行いました。その後、山口那津男党代表から「公明党はネットワーク政党として、国会議員と地方議員との連携で日本の政治を支えていることに誇りを持って前進しよう」と挨拶がありました。
午後からは、7月に投開票が行われた参議院選挙の結果を踏まえた総括がディスカッション形式で行われ、その後、水島治郎千葉大学教授の「グローバル時代の政治と千葉のまちづくり」をテーマに1時間の講演が行われました。富田も県代表として、党勢拡大に向けて議員の日常活動の強化を呼びかけました。
   衆議院経済産業委員会で、高レベル放射性廃棄物の最終処分場問題について、林大臣、高木副大臣に質疑を行いました。