公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

平成28年9月・10月

9月4日  第62回 全国盲青年研修大会 

   
   
  千葉市内で開催された「第62回全国盲青年研修大会」に出席させていただきました。
この大会は、全国の視覚障害青年の方々で構成する青年協議会が、様々な問題について研究・討論を行い、視覚障害の方々の自立と社会参加を促していくことを目的とし、年に一度、開催されています。
 富田も、出席された皆様に、以下の内容のご挨拶をさせていただきました。

 「第62回全国盲青年研修大会 ご挨拶」 
    

9月14日  加日議連共同議長一行 衆議院経済産業委員会訪問

   
     
   
  
 ポール・マシコット、テリー・シーアン加日議連共同議長一行が、衆議院経済産業委員会を訪れ、高木美智代委員長らと、懇談を行いました。加日議連はカナダ連邦議会上下両院議員から構成され、共同議長は一般的な対日友好議員連盟の会長に相当し、上下両院から1名ずつ選出されています。
冒頭、高木美智代委員長が、共同議長の訪日を歓迎しますと述べ、その後、世界経済、日本の海外投資動向、アベノミクス、イギリスのEU離脱が日本経済、世界経済に及ぼす影響などについて話し合いが行われました。
 

9月16日  『地熱シンポジウムin八幡平』 岩手県八幡平市

   
 ↑松川地熱発電所 冷却塔    
     
     
 ↑噴出する蒸気 ↑タービン発電機   ↑掘削機の先端
     
     
  ↑10月8日を地熱発電の日に制定  
  
     
 ↑JOGMEC シンポジウム記事  ↑JOGMEC 冊子(抜粋)   ↑地熱開発支援関連予算案のポイント

 岩手県八幡平市で開催された、地熱シンポジウムin八幡平に出席してまいりました。
午前に、日本で初の地熱発電所として1966年に運転を開始した、松川地熱発電所を視察しました。
午後から八幡平市内で開催された地熱シンポジウムに出席。松川地熱発電所の歴史や地域貢献について基調講演が行われ、その後、「事業者と地域が一体となった地熱発電と地域の共生」をテーマに、シンポジウムやトークセッションなどが行われました。
 

9月18日  検見川フェスタ やあびな 

   
   
  花見川区の検見川小学校で毎年開催されている「検見川フェスタ やあびな」の開会式に出席し、ご挨拶をさせていただきました。
「やあびな」は、地元有志の実行委員会主催で、検見川町連合町内会が協賛し、様々なアトラクションや模擬店が行われるイベントで、18回目を迎えた今年も、子どもからお年寄りまで幅広い年代の方々で、にぎわっていました。
 

9月25日  富津市長選挙 高橋恭市候補 出陣式

   
   
  任期満了に伴う富津市長選挙が告示され、無所属・新人(自民党・公明党推薦)の前副市長・高橋恭市候補の出陣式に出席し、激励のご挨拶を述べさせていただきました。

9月25日  習志野オービックシーガルズ×LIXILディアーズ 秋津サッカー場 

   
   
  習志野市を本拠地に活動している社会人アメリカンフットボールチーム・オービックシーガルズの試合が、秋津サッカー場で行われ、試合前の選手の皆さんとの交流に参加させていただきました。
対戦相手はLIXILディアーズで、序盤はリードされるも逆転し、27-13でオービックシーガルズが勝利しました。
 

9月26日  第192回臨時国会 所信表明演説「給付型奨学金について」 

  第192回臨時国会が26日に召集されました。会期は11月30日までの66日間の予定です。

 衆参両院の本会議で、安倍首相が所信表明演説を行い、演説の中で、返済不要の給付型奨学金について「来年度の予算編成の中で実現いたします」と、2017年度に導入する方針を明らかにしました。
 富田が座長をつとめる公明党給付型奨学金プロジェクトチームは、文科省、学生支援機構、財務省らと協議を重ね、4月に安倍首相に給付型奨学金創設に向けた提言を行いました。また、6月に政府が決定した「ニッポン1億総活躍プラン」にも検討方針が盛り込まれました。
今まで、具体的な時期は明示されていませんでしたが、本日の所信表明の中で創設時期が示され、ここにきて大きく前進することができました。
 
 安倍首相「所信表明演説」抜粋

9月27日  公明党給付型奨学金推進プロジェクトチーム会合 

 
 
 公明党給付型奨学金推進プロジェクトチームが、会合を開き、給付型奨学金の創設をめぐり、文部科学省から制度設計の検討状況を聞き、議論を行いました。
 文部科学省から給付型奨学金について、2017年度予算への関連経費計上と来年の通常国会での法整備をめざす方針が示され、対象者の選定や給付のあり方などを検討していくと説明がありました。今後、プロジェクトチームでも、意欲ある学生が進学を断念することがないよう、制度設計や財源確保などを進めていくことが強調されました。

10月2日  第17回 公明党千葉県本部大会 

     
      自民党千葉県支部連合会・櫻田義孝会長
     
藤井弘之 代表代行   平木大作 幹事長  富田茂之 代表
 
 公明党千葉県本部が第17回公明党千葉県本部大会を千葉市内で、開催しました。
第一部の県本部大会で、県代表選出後、来賓にお迎えした自民党千葉県支部連合会・櫻田義孝会長からご挨拶をいただき、その後、新役員人事の発表・承認が行われ、午後からは議員総会が行われました。

10月9日~10日  中華民国 国慶双十節 日本国会議員祝賀団  

 
 
 中華民国の建国を記念して、台北で毎年開催されている 国慶双十節の行事に参加してまいりました。
 
 国慶双十節 日本国会議員祝賀団 報告     プレスリリース

10月11日  公明党給付型奨学金推進プロジェクトチーム会合 

 
 
 公明党給付型奨学金推進プロジェクトチームが会合を開き、給付型奨学金について文部科学省と、具体的な給付対象や、財源などについて議論を行いました。
 年末までに、給付型奨学金の制度設計をめざし、来週にも関係団体へのヒアリングを行う予定です。

10月15日  横芝光町 誕生10周年記念式典 

   
 町誕生から10周年を迎えた横芝光町が開催した記念式典に出席し、お祝いのご挨拶を述べさせていただきました。

10月18日  公明党給付型奨学金推進プロジェクトチーム会合 

   
 国立大学協会・日本私立大学団体連合会・全国専修学校各種学校総連合会の3団体から要望を聞きました。
3団体からは、いずれも家庭の経済状況が厳しい学生が増加傾向にある現状から、給付型奨学金の早期創設が求められました。具体的には、国立大からは「実態を踏まえた具体的な給付対象、給付額の設定」を主張。私立大は、給付対象に関して、「低所得世帯の中でも多子・ひとり親家庭」に配慮することを求め、専修学校からは給付額について「学費の半額程度があれば進学の動機づけになる」との考えが示されました。プロジェクトチームからは、頂いた意見を国会質問などに役立てていきたいとの考えが示されました。

10月19日  衆議院文部科学委員会 質疑

     
  松野博一・文部科学大臣    
 
 衆議院文部科学委員会で、文部科学行政の基本施策に関する件で質疑が行われ、公明党が一貫して取り組んできた奨学金の拡充について以下の質問をしました。

 1、奨学か育英か?給付か貸与か? 日本育英会創設の経緯について
 2、平成11年2月18日付 奨学金・児童手当拡充に関する自公合意について
 3、奨学金拡充に伴う返済遅滞(延滞)問題に対して文科省の取組みについて
 4、新所得連動返還型制度の導入にともなう機関保証の問題点
 
 会議録
 資料1
 公明新聞10月20日記事

10月20日  TKC全国政経研究会 ・ 全国ハイヤー タクシー連合会 政策要望 

   
 
 公明党中小企業政策研究議員懇話会は、衆議院第2議員会館でTKC全国政経研究会から来年度予算や税制改正などに関する要望を受けました。

   
   
 党ハイヤー・タクシー振興議員懇話会も、同日、全国ハイヤー・タクシー連合会から、税制改正に向けての要望を受けました。

10月21日  千葉県税理士政治連盟 国会陳情 

   
 
 千葉県税理士政治連盟による平成29年度税制改正に関する国会陳情が行われ、富田も、後援会の先生方からご要望を承りました。

 平成29年度税制改正に関する特に重要な5項目(千葉県税理士政治連盟HPより)
災害対応税制  ・  「災害税制に関する基本法」を立法化すること。 
中小企業税制  事業税の外形標準課税は中小法人には導入しないこと。
  ・  欠損金の控除限度額の縮減は中小法人に適用しないこと。 
消費税  ・  単一税率制度の維持を主張する。 
   事業者の事務負担と微税コスト等を考慮し、消費税制のあり方について検討すること。
相続税・贈与税  ・  取引相場のない株式等の評価の見直しをすること。 
所得税  ・  所得税制の抜本的改正をすること。 

10月23日  第20回習志野市民パークゴルフ大会 開会式 

     
 習志野PG協会 宮本博之会長    
 
 習志野市・茜浜パークゴルフ場で開催された「第20回習志野市民パークゴルフ大会」開会式に出席し、参加される皆様に応援の言葉を述べさせていただきました。この大会はパークゴルフの普及および、愛好者の交流と、健康増進を目的に、毎年開催されています。

10月27日  「いじめ対策強化へ」公明新聞記事 

   ←記事をクリックすると内容をご覧いただけます。
   
 「いじめ防止対策推進法」施行から3年がたち、文部科学省の有識者会議が24日に改善策の提言をまとめました。この提言を受け「公明党いじめ問題等検討プロジェクトチーム」座長として、今後の対応等の発言が公明新聞に掲載されましたので、ご覧ください。
 

10月28日  第38回 教育再生実行会議 

     
  三幣貞夫・ 南房総市教育長  
 
 総理官邸で開催された第38回教育再生実行会議に出席しました。主に、「教育再生実行会議専門調査会の開催」について、議論が行われました。

10月31日  2020年東京オリンピック・パラリンピック推進本部会合

     
丸川珠代五輪担当相   
 
 公明党2020年東京オリンピック・パラリンピック推進本部は、今後の大会への取り組み等について、政府と意見交換を行いました。山口代表は、財源が限られる中で、政府と東京都が協力することが重要と発言。丸川珠代五輪担当相は、公明党の支援に謝意を示し、「国民に祝福される大会にしたい」と述べられました。
参加者から、路面温度上昇を抑える舗装や、バリアフリー化の必要性などの意見が出されました。